ども、たけぼうです。

今回は前回のお話の続きで、ニッチマーケティングに
ついてお話していきますね。

 

ニッチマーケティングとは、隙間のニーズを探して
販売、サービス、していく戦略です。
ターゲットを絞るという意味もあるかと思います。

 

 

前回は「マスマーケティング」をして失敗してしまった
飲食店のお話をしました。マスマーケティングは、ターゲットは
絞らないで全ての人を顧客対象とする戦略です。

 

では、個人店がやらなければいけない、ニッチマーケティング
を具体的に説明していきますね。

 

まず重要なのが以下の3つ。
この3つが、起業失敗の確率を下げ、成功に導くキーワードです。
それは・・・

 

コンセプト作り、ターゲティング、差別化、です。

 

私の店のコンセプトは、「お父さんが喜ぶサロン」です。
まあ、これだけだとシンプル過ぎるコンセプトなんですが。
色々続きがあって、1000円カットの常識を壊すとか、
そいういう、過激な事も書いてます。

もちろんターゲットは、「お父さん」です。
男性しかヘアカットはしていません。
5歳未満の子供と、女性のヘアカットはお断りしています。

 

大人の男性が喜ぶような、インテリア、BGM、
本、外観、になっていますので、キッズスペースなど
はありません。ちなみにBGMはジャズです。

 

ターゲットを絞る事によって、他のサロンでは
味わえない価値を提供出来るわけです。

 

もしも、コンセプトが上手く出来ない場合は

ターゲティングを初めにすると、他も決まりやすいです。

 

 

そして、差別化ですが、
低価格で一般サロンレベルのヘアカット、というのが私の店の差別化でした。
(いいコンセプトが決まれば、自然と差別化ポイントも決まります。)

 

差別化は、絶対に大手が真似出来ない事をやっていけばいいんですね。
クオリティの高い1000円カットって、大手では絶対出来ません。

 

このように、個人がビジネスをやるなら
まずターゲットを決めて、その客層が喜んでくれるコンセプトを決めます。
そして、差別化ポイントを明確にして大手企業では出来ない事をやっていく
という感じです。

 

お昼休みのOLをターゲットにするなら、
オーガニックなどの材料や、
食器、インテリア、などにとことんこだわったカフェなど。

 

そして、その他大勢に埋もれないポイントを作るんです。
看板メニューとか、「その店の売り」を作るという事ですね。

 

 

では、今日のまとめです。
起業を失敗する確率を下げ、成功に導く3つのキーワード

 

①コンセプト ②ターゲティング ③差別化

 

中でもニッチマーケティングで重要なのは②です。
客層をとことん絞る事です。そうすればその客層が喜びそうな
コンセプトが決まりますし、自然と差別化のアイデアも浮かびます。

 

客層を絞ってしまうと売上下がるのでは・・・
と思われるかもしれませんが、まったく逆です。
うちの店の場合、不思議と子供のお客さんが
多かったりします(笑)

ではまた今度!

 

 

====================

 

初月売上たったの3万円。家賃すら払えないどん底だった過去の私は「人を惹き付ける文章術」を使った手書きチラシとホームページで、新規客60名以上を集める事が出来ました。


もし過去の私がこの方法を知らなかったら、お店は軌道に乗らず廃業していた事でしょう。


ぜひあなたも「人を惹き付ける文章術」を知って、ご自分のお店をさらなる繁盛店にしてきましょう。


1ヶ月で新規客67名来店の詳細はこちら↓
金なし人脈なしの私が、月67人新規客を集めた秘密とは?