トイレ禁止、スタッフ同士で殴り合いを強制、そんな職場にいました。

マーケティングとかの具体的な方法とか、早く書きたい気持ちもあるんですが、

やはり自分としては、パワーハラスメント(以下パワハラ)時代の事も書いておきたいんです。どうしても、これを書かないと話が繋がっていかないし、私の心の根本にある部分なので書かせてください。

トイレ禁止、スタッフ同士で殴り合いを強制、そんな職場にいました。

今から3年前くらい前になります。パワハラという言葉が適切ではないかもしれませんが、最悪な環境に自分はいました。拘束時間14時間は当たり前、休憩1日2分。

トイレ禁止。ミスをするとスタッフ同士でお互い平手打ち 

を、強制的にやらされていました。終礼では、ミスをした分だけ腹筋や腕立てをさせられていました。そして・・・

風邪で発熱しても、例えインフルエンザでも欠勤は許されませんでした。

朝8時にお昼ご飯を食べさせられる(2分で)事もありました。2分はタイマーをセットさせられていました。もうメチャメチャです。トイレに行こうとすると止められて、営業時間が終わったら近所のローソンで用を足すという毎日。

当然身体は壊します。尿管結石になって激痛に、のたうち回りました。そして・・・

辞めたら家族をどうにかしてやるからな!

とオーナーから脅迫されていました。全部事実です。でも、もう済んだ話だし恨んでもいません。しかし、会社やその他の組織に身を委ねるという事は

「自分とその家族の命綱」を会社に握られてしまうという事が身に染みて理解出来ました。

で、そんな最悪な環境だったので、どうにかそこから抜け出したくて、私はインターネットで収入を得て生活費を稼ぎたいと思うようになったんです。会社や嫌な上司の奴隷から抜け出したかったんですね。

インターネットビジネスはアフィリエイトとかアマゾンで物販とかやっていました。

アフィリエイトの世界は、簡単にいうと企業の商品をブログなどで紹介して売れたら、紹介料をもらうシステムです。でも、ビジネスの本質とか学ばないと、参入者が多くて稼げなくなったんですね。アフィリエイトは。

昔はサイトにバナー広告をペタペタ付けるだけで収入になった事もあったみたいですが。

なので、そのアフィリエイトというのが、現在では物凄く進んでいて、最先端の営業手法と言ってもいいくらいの所まで来ています。実店舗や大企業でさえも、アフィリエイターほどビジネスの本質は分かっていないというのが、正直な私の感想です。

話が脱線してしまいましたが・・・・ブラックな職場でパワハラに会っていた私は最悪な環境から抜け出したいがゆえに、ネットで出来るビジネスに必死になったんです。

これが生ぬるい環境なら、絶対やらなかったでしょうね。そこそこのストレスくらいなら、家帰ってビール飲んで寝てます。

今言える「成功の秘訣」があるんですが、

人間は極限まで追い込まれると行動する、という事です。

 一言でいうと「覚悟」を決めるという事かもしれません。

 

私の場合、この環境から抜け出さないと死んでしまう、本当に1日も早く辞めたい、そういう危機感から、睡眠時間4時間とかで頑張りました。必死でブログやサイトを更新したり、ビジネスの勉強をしていました。

それで私は、アフィリエイトなどで実に様々なことを学びました。

・コピーライティング(商品を売る文章術)

・サイト、ブログ作成

・グーグル上位表示

・ダイレクト・レスポンス・マーケティング(DRM)

・理念、コンセプト作り

上記の事を学べたので、最悪な環境には今となっては感謝しています。まさか、自分の店を出す事になって、これらが活かされるとは夢にも思いませんでした。

ネットと実店舗は、別物だと思っていたので。まあサイト作りは役に立つとは思っていましたが。

で、そんなブラックなパワハラ職場でしたが結局最後は、溜まりに溜まったストレスと憎しみから、私はキレてしまって、オーナーと喧嘩になり、その場でその職場を辞めました。(でも4年も耐えたんですよ。)

しかし、勢いでブラック企業を辞めた後は・・・当然無職です。

妻は泣いてまともに口をきいてくれませんでした。今回だけでなく職を転々としてしまっていたから無理もありません。人間関係が私は苦手でした。

無職、別居寸前・・・ その時は出口がまったく見えませんでした。

 

続く。