手書きチラシ作成のコツ ~爆発的な反応率を出す為に~

 

自分の店がオープンし、まさかの来客0が続く・・・。

ネガティブモード全開の私。目の前が真っ暗になりました。
本当に精神的に弱いなとつくづく思います。

 

でも落ち込んでばかりもいられません。
どうにか集客しなければ!と思い、店のチラシを作る事にしました。

 

ネットビジネスでコピーライティングを学んでいた私は、
そのノウハウを注ぎ込みチラシを作成したんです。

 

しかし、この時ネガティブモードと必要以上の焦りがあった為、
完成したチラシは「怪しさ全開」のお粗末な物でした。

 

ひねり過ぎて、本当に怪しいんです。
まともな精神状態の時って、何をやっても上手くいきません。

 

 

嫁にも不評で、そのチラシはボツ。

どう書いたらいいか、まったく分からなくなり、嫁に丸投げ状態。

 

そして、嫁がワードでキレイに作ったチラシは

いかにもチラシっぽく、本当にキレイにまとまっていました。

怪しさはまったくありません。

 

 

とりあえず、それをポスティングする事になりました。

でも、私には分かっていたんです。

 

 

そのチラシでは反応が無い、あってもほんの少しだろうと。

 

 

なぜなら、お客さんが私の店を選んで来店してくれる理由がないからです。

ワードでキレイに作ったチラシは、1000円カットの店が出来たんだと分かるだけの物でした。

もちろん嫁さんも一生懸命作ってくれたので感謝しましたが。

 

 

まず、コピーライティングの3大原則の一つ、

「NOT READ」という物があります。

 

お客さんはそもそもチラシとか広告は読まないんです。

 

殆どの人は基本的に読まないです。ズバリ。

 

 

そしてホームページも「読まない」です。

 

あなたも経験あるかと思いますが、

ポストに入っているチラシは全部読みますか?

主婦の方なら、ある程度は読む可能性ありますが、

それでも興味のある物、気になった物だけのはずです。

 

そして、ホームページには、0.8秒ルールという

のがあって、0.8秒でそのホームページを読むか読まないか

判断するんですね。

 

ネットサーフィンしていると、そいういう事って

日常茶飯事ですよね? つまらなかったり、求めている事が

書いてなかったら、すぐに他のサイトにいきますよね?

 

そういう事なんですね。

 

 

まず初めに、お客さんの目を引くにはどうするか?

なんです。何としてでも興味を持ってもらわないとダメ

なんですね。チラシを捨てられる前に。

 

 

何日か過ぎ、精神的に少し落ち着いて来た私は

考えました。そして決めました。

 

 

やはり、手書きが一番かな、と思ったんです。

 

 

まずは、チラシを見たお客さんが

「何だこれ???」って思ってもらうようにしたのです。

 

 

95%くらいのチラシは、カラーできれいな文字で

書かれています。写真もあります。

なので同じようなチラシを作っても、その他の大勢のチラシの中に埋もれてしまうんですね。

 

 

手書きチラシ作成のコツですが・・・

 

もう、「子供会のお知らせ」なんじゃないかと言わんばかりの、手書きチラシにしたんです。

イラストも多く使いました。

 

 

そして、ネットビジネスで学んだ「パソナの法則」も使いました。

ネットビジネスでは定番中の定番です。

少し古い手法ですが、かなり効果はある手法です。

 

初めは、今ごろパソナの法則使ってもどうなんだろ?

と思っていた所もあったんですが、思い切って

手書きチラシとパソナの法則で行く事にしたんですね。

 

 

パソナの法則を、超簡単に説明します。

気になった人は、グーグルで検索してみてください。

 

 

①  ~で困ってないですか? (問題提起する)

②  ~は本当にヤバイですよね? (問題は深刻だよとアピールする)

③  実は○○○がいいんですよ! (解決策と根拠をアピール)

④  でも20人限定で今月までなんです。(限定性もアピール)

⑤  だから今すぐにご来店ください!  (行動を促す)

 

 

業種によっては、かなり使われている手法ですが、

個人店とかは殆ど使っていないと思います。

 

 

実はこのチラシ、想像以上の破壊力でした。

 

50人に1人がご来店してくれたんですね。

 

業種にもよりますが、チラシの効果は500人に1人でもいい方です。

 

 

リフォーム会社とかは、何千枚と配っても

反応0、まったくの0、という事はあたり前らしいです。

 

 

コピーライティング、すげー!

と改めて思わされた出来事でした。

手書きという要素も、コピーライティングです。

 

「NOT READ」つまり、お客さんは読まない

という壁を越える為に、思いついたものですからね。

 

あとパソナの法則がまだ効果あるって事は、実店舗ビジネスの
マーケティングは凄い遅れているんだなと思いました。
でも効果抜群だったパソナの法則。

 

 

このチラシが反撃の狼煙でした。

アラフォーだめ男の快進撃が始まったのです。

 

 

お金をかけずに、月67人新規集客出来た秘密とは?



 初月売上3万円から、半年で繁盛店になる6つのメソッド

bcv



 私のお店のホームページやチラシを全て公開し、半年で繁盛店になった具体的なノウハウをあなたに伝授。

なぜ広告費に大金をかけてもお客さんは来てくれないのか?なぜデザインが優れたHPでもお客さんは反応してくれないのか?その全ての秘密を明らかにします。




① 超かんたんHP作成サービス

 [GOOPE(グーペ)]



 作成(操作性)はピカイチ。ブログ感覚でサクサクとホームページが作れる。高額作成業者に頼むくらいならグーペを使うべし。


 月額料金は通常プランは1000円~。


 デメリットは自分だけのオリジナルなデザインにするのはちょっと難しい。


 メールマガジン機能が使えるのが最大のメリット。DXプランは月額1200円だが年間契約なら月額1000円になる。


↓無料お試しはこちらから(^-^)

こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」

2件のコメント

  • 立見明美

    小さな会社ですが、個人事業としてスタートしたばかり。しかし。やった事も無い営業…。広告作りもしたいと思っても…やった事すら無く。途方に暮れる毎日…。しかし…どうしてもやって行きたい仕事だと思ってたところ…目に止まり…読ませて頂き、自分にとっては何だか肩の荷が少し下りたような気がします。

    • takeboh2

      立見さん、コメントありがとうございます^^

      初めは不安との戦いですが、正しいやり方で1つ1つの積み重ねで頑張っていけばきっと道は開けると思いますよ。

      影ながら応援させて頂きます!

1件のトラックバック

コメントを残す