お客さんが来ない!と悩む前に実践して欲しい2つのテクニック

 ども、たけぼうです。お久しぶりの更新になってしまいました(^_^;)

 

リアルビジネス(カット専門店)も無事に軌道に乗り、スタッフを募集出来るくらいになってきました。ちょうど今から1年前に独立開業を考えて行動をスタートさせたので、感慨深い物がありますね。

 

 

今振り返ってみると、リアルビジネスは資金がかかりますし、それにより当然リスクも大きいです。しかしネットビジネスよりもマーケティングは遅れていますのでネットビジネスを学べば成功するのは難しくないというのが私の感想です。

 

 

当初は想像すらしていなかったのですが、何とお店がある市外からもお客さんが来てくれるという本当に驚くべき現象が起こりました。それも1人2人という小さい話ではありません。

 

 

30分、40分、かけて来店してくださるお客さん、電車の途中下車で来てくださるお客さん、多数いらっしゃいます。私の店から歩いて5分の所に大手のカット専門店があるのにもかかわらず、私の店を選んで来てくださいます。

 

 

本当に恐縮ですし、心底ありがたいと思います。では、なぜそのような現象が起きたのか私なりに分析してみたいと思います。キーワードは「変化球」。または「ズラシのテクニック」と言うべきでしょうか?

 

 

 

ズラシのテクニック① 「ステージをズラす。」

 

私は元々一般サロンで10年以上も働いてきました。同じような経歴の人なら、当然出店するなら普通の一般サロンです。しかし私は手荒れが酷いのもありましたが、ステージを一般サロンから「ズラして」カット専門店にしたんです。

 

 

当然、そこら辺にある大手のカット専門店とクオリティが違います。大手の専門店のスタッフは元々技術力が低い上に、会社からは10分以内に切る事を厳守させられます。

 

 

そこで大手企業との差別が生まれた訳ですね。なので同じステージでは勝負しないという事。自分が絶対勝てるステージでビジネスをするという事です。これはリアルビジネスでもネットビジネスでも同じです。

 

 

 

ズラシのテクニック② 「マーケティングをズラす。」

 

普通に考えて、インターネットで集客するなら、「地名+業種」で検索エンジンの上位表示を狙います。しかし、そこでも私はズラしたんですね。「地名+ラーメン」で上位表示を狙い、見事検索1ページ目に表示されています。

 

 

カット専門店なのに、「ラーメン」というズラしっぷり(笑)。

 

 

ラーメン屋さんを調べていた人に、自分の店のブログを読んでもらえる訳ですね。「地名+業種」では月間検索数は50くらい。しかし「地名+ラーメン」は月間検索数1500ほど。

 

 

まじめに直球勝負する必要なんてないんですね。

 

 

他にも地域のグルメ情報をブログで書いたら、大当たりの記事が生まれ、それにつられて他のキーワードでも検索結果の上位表示を達成出来ました。常に変化球勝負です(笑)

 

 

どうでしょうか、野球で変化球勝負ばかりしていたら、狙い打ちされてしまいますが、ビジネスですと想像以上の驚異的な結果が得られます。ぜひ、ズラすというテクニックを使ってみてくださいね。

 

 

ではでは!

 

お金をかけずに、月67人新規集客出来た秘密とは?



 初月売上3万円から、半年で繁盛店になる6つのメソッド

bcv



 私のお店のホームページやチラシを全て公開し、半年で繁盛店になった具体的なノウハウをあなたに伝授。

なぜ広告費に大金をかけてもお客さんは来てくれないのか?なぜデザインが優れたHPでもお客さんは反応してくれないのか?その全ての秘密を明らかにします。




① 超かんたんHP作成サービス

 [GOOPE(グーペ)]



 作成(操作性)はピカイチ。ブログ感覚でサクサクとホームページが作れる。高額作成業者に頼むくらいならグーペを使うべし。


 月額料金は通常プランは1000円~。


 デメリットは自分だけのオリジナルなデザインにするのはちょっと難しい。


 メールマガジン機能が使えるのが最大のメリット。DXプランは月額1200円だが年間契約なら月額1000円になる。


↓無料お試しはこちらから(^-^)

こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」

コメントを残す