自営業 確定申告のやり方。不備があると追加課税の可能性

 

ども、個人店や個人ビジネスを応援している、たけぼうです^^

 

今回は自営業者の為の確定申告のやり方について。
私の場合、自営業の社長さんとお付き合いが多いので、社長さん達から
聞いた税金対策についても書いていきますね。

 

 

まず結論から言ってしまうと、確定申告を甘くみない方がいいという事です。
賛否両論あるかと思いますが、私は税金のプロにまかせるべきだと断言します。
費用はだいたい6~8万円くらいです。

 

6~8万円をもったいぶってご自分でやる方も多いですが、
ちょっと不備があるだけで、税務署は追加課税を請求してきます。
5年後くらいに急に税務署がやってきて、大金を持っていかれたという話を
よく聞きます。きちんと正しく確定申告していても書類などに不備があると
そのような事があるようです。

 

私の知り合いの社長さんも、そういった苦い経験があったようで、
それ以来税金のプロである会計事務所に全てまかせるようになった
そうです。

 

私もその社長さんの勧めで、会計事務所の税理士さんに相談したのですが、
相談して大正解でした。費用が7万円かかりますが、ありとあらゆる税金対策を
教えてもらいましたし、どういう事に税金がかかるのか、改めて知る事が出来ました。

 

例えば、私はネットビジネスで稼いだお金と、両親から借りたお金でお店を
開業しましたが、その両親から借りたお金も、きちんと書類を作っておかないと
贈与税という物がかかるらしく、そういった所もしっかりやらないと追加税や
ペナルティを徴収されるとの事でした。

 

費用7万円は、今の店の運営資金からいくと、とても苦しいんですが、
それでも、プロにお願いした場合のメリットを考えると、安いと思います。

追加課税で何千万と持っていかれた社長さんもいました。
本当に怖いですね。

 

自営業で確定申告するやり方ですが、まず帳簿はしっかり付ける事。
領収書は全て保管する事。店の売上が分かるレシートも保管する事。

 

それらをプロの会計事務所の税理士さんに渡し、
確定申告をお願いすること。

 

なるべく少し離れた地域で、複数人でやっている会計事務所を選ぶこと。
詳しい裏事情はここでかけませんが、それらに注意してやってみてください。

 

ではでは!

 

 

お金をかけずに、月67人新規集客出来た秘密とは?



 初月売上3万円から、半年で繁盛店になる6つのメソッド

bcv



 私のお店のホームページやチラシを全て公開し、半年で繁盛店になった具体的なノウハウをあなたに伝授。

なぜ広告費に大金をかけてもお客さんは来てくれないのか?なぜデザインが優れたHPでもお客さんは反応してくれないのか?その全ての秘密を明らかにします。




① 超かんたんHP作成サービス

 [GOOPE(グーペ)]



 作成(操作性)はピカイチ。ブログ感覚でサクサクとホームページが作れる。高額作成業者に頼むくらいならグーペを使うべし。


 月額料金は通常プランは1000円~。


 デメリットは自分だけのオリジナルなデザインにするのはちょっと難しい。


 メールマガジン機能が使えるのが最大のメリット。DXプランは月額1200円だが年間契約なら月額1000円になる。


↓無料お試しはこちらから(^-^)

こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」

コメントを残す